施工事例

バリアSHUT!

束柱交換とシロアリ駆除(大和市)

神奈川県大和市でシロアリ駆除にお伺いしたときの施工事例です。こちらでは5月上旬に羽アリが1階だけでなく2階からも発生したため調査依頼が入りました。羽アリが発生した場所が建物のいたることろから発生していたため、被害が広範囲に拡がっている恐れがありました。早速、調査にお伺いし、シロアリの被害状況の確認をさせていただきました。

土壌が露出した床下

床下に入ると布基礎で土壌が露出した普通の床下です。パッとっみると特にシロアリ被害はみられませんが…

蟻道の大引材

床組部材をみると、大引き材にシロアリの蟻道(ぎどう※シロアリの通り道)がこびり付いているのが分かります。

根太に達する蟻道

この蟻道はシロアリが土や排泄物を材料に作り上げています。内部はトンネルになっており、その空洞をシロアリが行き来しています。また、他の場所では大引きに直交する根太という部材に蟻道が伸び、そのまま床まで到達しています。この様にシロアリは床下から侵入し、床や壁に到達するのです。

束柱の被害

シロアリ被害の拡大

こちらではより深刻なシロアリ被害が見られました。床を支える束柱がシロアリの食害を受けています。中は空洞となっており、全く束柱として機能していない状態です。

手で取れる束

被害の中身

手で簡単に外れる状態であったため、こちらは束柱を交換することになりました。

 

そもそもシロアリがどこから上がってきたかと言うと、土の中から蟻道を構築し侵入します。

蟻道の上がり方

この様に蟻道を束石に構築して木材に向かいます。光や空気の流れを嫌うシロアリはとっても弱い生き物です。蟻道の中を移動することで自分たちの欠点を補っています。

蟻道の中のシロアリ

蟻道を壊すと今回はシロアリが行列をなして移動している最中でした。まさにこちらの被害は進行形です。また、このシロアリは「ヤマトシロアリ」という種類のシロアリで、日本で最も一般的なシロアリです。

シロアリ駆除工事

調査後、駆除工事のご依頼をいただき、施工に伺いました。

被害部の穿孔処理

被害材のドリル穿孔

薬剤散布の前に被害部分をドリルで穿孔し、薬剤を被害材内に注入出来るような穴を開けていきます。

束柱交換前

束柱の交換後

激しい食害を受けていた束柱は鋼製束に交換しました。

被害剤の駆除処理

土台穿孔処理

被害箇所は、穿孔した穴にノズルを当てて木材用の薬剤を注入します。

木部処理

被害が無い部分にも木材部表面に薬剤処理をおこないます。これをすることで被害の拡がりを防ぐとともに、腐れやカビの予防に繋がります。

土壌処理

木材の処理後は、土壌専用の薬剤を土壌表面に散布します。シロアリは土壌中を移動して床下に入ってくるため、土壌表面に薬剤のバリア層を作ることで床下に上がらないようにします。今回、床下のシロアリ駆除施工はこの様な流れで実施しました。

まとめ

こちらの建物では羽アリがシロアリ被害の発見に繋がりました。しかし、シロアリが羽アリを飛ばすのは巣が成熟している証拠と言われています。実際に、床下の木材の被害は甚大で、部分的な補修が必要になるほどの被害でもありました。

もちろん4~5月の時期に羽アリを大量に建物内で見かけたら、シロアリの可能性が高いので調査を依頼していただくのが賢明です。しかし、「羽アリが出たら対処するもの」と理解されてしまうと非常に危険なのがシロアリ被害です。目に見える兆候が出る前に、定期的な調査やメンテナンスをしていただくことがシロアリで大きな被害を起こさないために大切な考え方でしょう。

※施工方法は一例です。建物構造等により施工方法は異なります。

 

\\ SHUT!の無料床下調査のお申込みはこちら //

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。