施工事例

バリアSHUT!

シロアリ生息中のシロアリ駆除(相模原市)

ご紹介でシロアリ駆除のご依頼をいただいたお客様の事例です。床下に入る箇所が複数ある大きな建物でした。そのうち1箇所に、シロアリの被害がみられ、シロアリの生息も確認されました。

床束のシロアリ被害

床を支える柱にドライバーを当てると簡単に刺さってしまいます。見た目ではなかなか分からないところでシロアリ被害は進行していきます。

大引のシロアリ被害

大引材(横方向の床組材)はシロアリなどで劣化しておりました。

シロアリの蟻道

上写真の茶色い縦線はシロアリの通り道です。専門的には蟻道(ぎどう)と呼びます。シロアリは土の中からこの様に道路を作って建物に侵入します。

シロアリの生息

蟻道を壊すとシロアリがボロボロと出てきました。継続中のシロアリ被害だということがわかります。
今回は、バリアSHUT!での全体的なシロアリ駆除施工を実施しました。

シロアリ駆除工事

後日、建物の広さや被害状況を考え、1日作業でシロアリ駆除を実施しました。

点検口の養生

点検口の養生
点検口付近の養生

通常通り、点検口付近はビニールで囲いホコリ対策を実施させていただきました。

床下の木材処理

床下の防腐防蟻処理
木部処理後

液状の薬剤を散布します。

床下の土壌処理

被害部の土壌処理
被害が無い箇所の土壌処理

シロアリが上がってこられないように土壌の表面に薬剤を処理します。

外部からの処理

通気口からの処理

一部床下に入れない箇所は、通気口から特殊なノズルを差し込んで薬剤散布をおこないます。

玄関処理

玄関穿孔処理

床下空間の無い玄関などは一部に穴あけ処理をして薬剤を注入します。
以上の流れでシロアリ駆除を実施させていただきました。

シロアリ被害はそこまで進行スピードが早いわけではありません。ですから、被害が深刻になる場合は床下を長期間確認しなかったことによることが大半です。シロアリ被害を早期発見するためにも、定期的な調査とシロアリ予防を考えてみてはいかがでしょうか?

※施工方法は一例です。建物構造等により施工方法は異なります。

 

\\ SHUT!の無料床下調査のお申込みはこちら //

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。