施工事例

バリアSHUT!

定期的なシロアリ予防工事(相模原市)

今回のシロアリ駆除予防施工事例は、約5年前に家の敷地にシロアリを発見されたことがキッカケでシロアリ予防を実施いただだいた物件です。
今回、保証が満了されるタイミングで再度保証の延長のためシロアリ予防工事をご依頼いただきました。

シロアリ駆除工事の養生

バリアSHUT!は床下作業がメインとなるため、毎回写真のように床下の入り口を囲ってから施工に入ります。

シロアリ駆除の木部処理

木材部の吹付け処理。前回の薬剤効力がしっかり効いていたおかげで木材はとってもきれいな状態です。

シロアリ予防の薬剤処理

再度、木材に防腐防蟻剤を噴霧し、シロアリや腐れから木材を守ります。

ベタ基礎の薬剤処理

床下はベタ基礎ですが、ベタ基礎の場合は特に、基礎の際(きわ)や配管のスリーブ(出入り口)などがシロアリの侵入ポイントになります。

シロアリ駆除の薬剤処理

このようにコンクリート表面に防蟻剤を散布してコンクリートの隙間などからシロアリが侵入しないようにバリアします。

タケロックを使用

バリアSHUT!(液剤工法)で使用するタケロックMC50S(土壌・コンクリート用)、タケロック20DC(木材用)です。
今回の行程は約2時間で施工は完了となりました。

バリアSHUT!は低コストで1番お勧めできるシロアリ防除工法です!さらに5年間の保証付き。シロアリ駆除に迷ったら、バリアSHUT!がおすすめですよ!

 

\\ SHUT!の無料床下調査のお申込みはこちら //

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。