施工事例

バリアSHUT!

築15年目のシロアリ予防事例(府中市)

ご紹介により弊社にご依頼をいただきました。築15年以上でいままで防蟻をされたことが無かったため、まずは床下に入って状況を確認させていただきました。

被害の無い床下

幸いシロアリ被害は見られず、水漏れなどもありませんでした。

これは、防湿コンクリートと基礎の間にできた隙間です。コンクリートは数年かけて水分を放出しながら縮みます。そのため10年も経過すれば、どの建物でも隙間が生じます。(この隙間は構造とは関係ないものなので建物には影響はありません)

ですが、シロアリ対策上この隙間は見逃せません。

土間コンクリートの蟻道

上の写真は違う物件ですが、僅かな隙間から侵入するシロアリの通り道。わずかな隙間を突いてくるシロアリが凄いのですが、シロアリって実は自分の腹と背中が当たるくらいの空間が大好きなのです。ですから、コンクリートの床下であっても、シロアリ対策は必須なんですね。

 

後日、防蟻工事に伺いました。

点検口の天井も養生

施工前の養生。SHUT!では、点検口周りのホコリや汚れ対策として全面を囲って養生をしております。

木部処理

木部への薬剤処理

土壌処理

コンクリートへの薬剤処理。際の部分を重点的に、全体にも薬剤を散布してしっかり予防します。

施工後

施工直後の様子。全体に薬剤を散布した状態です。床下の施工後は、玄関の処理を実施します。ほとんどの家の玄関は床下空間がないため、床上から薬剤を注入します。

玄関のドア枠の薬剤注入処理
壁の薬剤注入

その現場により玄関の施工方法は様々です。施工スタッフが最も適した方法で処理させていただきます。今回の工事は2時間ほどで完了しました。

 

\\ SHUT!の無料床下調査のお申込みはこちら //

東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城に対応しております。